東三国なび ~東三国駅・新大阪駅周辺の地域情報~

徹底的に東三国にこだわる情報発信!大阪市淀川区東三国周辺のグルメ・ランチ・ディナー・飲食店・美容院・整骨院・整体院・結婚式場・習い事など生活や暮らしに関する情報をまとめた地域サイトです。東三国に引っ越しを検討している一人暮らし・単身赴任層の方、子育て世帯へ向けた地元コラムや店舗ビジネスの集客のコツもご紹介。

ビットコインで税金を気になるならwirexカード検討を!遂にプラスチックカード届く!

time 2017/07/02

ビットコインで税金を気になるならwirexカード検討を!遂にプラスチックカード届く!

ビットコイン投資をし始めて、ある程度経過すると気になり始めるのが税金の事。

年があけると確定申告しないといけないですね。

これ、wirexカードを使う事で心配しなくてよくなるよという事が言いたい記事、体験談です。

さて、本日はひがなびの仮想通貨ブログシリーズとして、ビットコインで税金を気になるならwirexカード検討を!遂にプラスチックカード届く!をご紹介します。

こんにちは!ビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガー、リスク、ファクトムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「ひがなびの仮想通貨ブログ」です。

sponsored link

ビットコインで税金が気になりだしたのでwirexカードを作りました。

仮想通貨の利益は課税対象です。

ビットコインは通貨でなく、モノ扱いです。

ただ、モノ扱いでしたというべき事象が2017年7月に発生してます。

ご注意ください。

2017年7月1日からの仮想通貨の取引には消費税がかからなくなりました。

これは、つまり仮想通貨がモノ扱いでなく、貨幣扱いになったのではないかと個人的は解釈しています。

現在、インターネット上に掲載されているのは基本2017年6月30日現在の記事なので(本日2017年7月1日)、仮想通貨がモノ扱いである前提で記載されている記事は、この前提が変わった今日以降、情報を読み取る際に、この点において注意が必要です。

さて、この前提が変わろうが関係ないよという方法で、仮想通貨の税金問題を解決しようと思っているのが、私・ひがなびの仮想通貨生活です。

仮想通貨を日本円にするから、課税対象となる。

つまり「日本円」に換金せずに、仮想通貨で購買を行うというものです。

 

私・ひがなびはこの仮想通貨を日本円にせずに仮想通貨のまま保持した上で、日本国内において、仮想通貨で生活する方法を模索しようと思っています。

この点に関しては以前の記事「仮想通貨で税金計算をする様になったらwirexカードを検討すべし」でご紹介しました。

この2ヵ月くらいバンドルカードというビットコインデビットカードを使っていましたが、課税懸念よりwirexカードに乗り換えました。

考え方、登録方法とアプリダウンロードに関して記事で書いてます。

もし、まだ読んでいない方は上記記事を先に読んでみてください。

 

待ちに待ったwirexカードのプラスティックカードが届いた

6月6日にwirexカードのプラスティックカードを注文しました。

プラスティックカードはエアメールで送られてくるという事で10日ほどかかるという事でしたが、6月20日頃だったでしょうか。

ようやくプラスティックカードが遂に届きました。

resize1119

一応、セキュリティの為に、名前とカード番号は指で隠させてください。

wirexプラスティックカードを使うために入金する

wirexカードに入金するには、wirexアプリを開いたところに、表示のされている「あなたのビットコインアドレス」というビットコインアドレスをコピーします。

アプリのビットコインアドレスを長押しすると、コピーできます。

そして、ビットコイン送金をします。

私・ひがなびの場合、仮想通貨取引所はコインチェックを使っているので、コインチェックにログインし、「ビットコイン送金」をクリックします。

その次の画面で表示される宛先に、先ほどコピーしたビットコインアドレスを張り付けて、送金する金額を指定して、送信すればwirexカードへの送金手続きは完了です。

私・ひがなびも試しに0.3ビットコイン送金してみました。

さっそくwirexプラスティックカードを利用しようと思ったが・・・

さあ、早速使うために近くのコンビニへ!

ドキドキ・・・。

・・・。

・・・。

 

コンビニ店員「このカードは使えないみたいです」

レジで使えない??

お??なんで??

すかさず現金で支払い、出直す事に。

調べてみると、プラスティックカードを使うには、アプリ上で手続きが必要な様でした。

wirexプラスティックカードを有効化する方法

wirexプラスティックカードを有効化する方法はwirexカード公式ホームページのヘルプに記載がありました。

どうやって私のプラスチックカードを有効にしますか?

Wirexプラスチックカードのアクティベーションは速くて簡単なプロセスで、必要なのは数クリックだけ:

  • Wirex アカウントにログイン > 左側にある対象のカードを探し、 > カードをアクティベートします。.
  • カードの番号と 有効期限の日付 の最後の 4 桁 を入力、 > アクティベートします。

引用元:wirexカードヘルプより

 

具体的な方法は、ダッシュボードに表示されている「カードをアクティベート」するというところをクリックしてください。

wirexカードのアプリに、下記の様な表示があるはずです。

クリックしたら、届いたカードに記載のある末尾4桁と有効期限を入力しアクティベートをクリックすると有効化完了です。

再びwirexプラスティックカードを利用しようと思ったが・・・

さあ、再び近くのコンビニへ!

ドキドキ・・・。

・・・。

・・・。

コンビニ店員「このカードは使えないみたいです」

レジで使えない??

お??なんで??

 

すかさず現金で支払い、出直す事に。。。

 

さらに調べてみると、wirexアプリにビットコインを入金しただけでは、プラスティックカードは使えないみたいです。

wirexプラスティックカードに、ビットコインを入金が必要らしいです。

wirexプラスティックカードに入金する

という事で、wirexプラスティックカードに、ビットコインを入金してみました。

wirexアプリからプラスティックカードへ入金するには、wirexアプリログイン後、「通貨を両替する」をクリックします。

両替元「bitcoinアカウント」、換算先「プラスティックカード」になっている事を確認の上、両替します。

下記の金額部分に、両替したいビットコインを入力すると、自動的に両替後の金額が表示されます。

その後、両替をクリックすると、下記の様な画面が表示されます。

※下記PC版です。

そして、確認をクリックします。0.24ドルのブロックチェーンフィー(手数料)がかかる様です。

そして、正常に両替ができます。

ん??

換算先0ドルって書いてないか??

ちょっと焦りましたが、なぜかバーチャルカードが表示されていました。換算先はプラスティックカードなので、大丈夫です。

プラスティックカードの方をクリックすると・・・

ん??

入金されてません。。。

あれ??

どうして??

と、焦りましたが、5分程度待つと、キチンと反映されていました。

良かった~。

安心しました。最初はちょっとドキドキすると思いますが、上記に手順で行えば問題なくプラスティックカードへ入金できました。

三度目の正直、wirexプラスティックカードを利用しようとしたら使えた!!

さあ、再び近くのコンビニへ!

ドキドキ・・・。

・・・。

・・・。

 

問題無く使えました!

サイン不要で、レシートだけ受け取ります。

resize1120

※上部の店舗名だけは折り曲げさせていただいています。

ビットコインをドルに換金して、コンビニで使えました。

これで今後コンビニでの購買は、全てビットコイン経由のドルに換金したwirexカードで行う事ができます。

日本円には換金していないので、税金も不要です。

wirexアプリで確認するとお3.64ドルの表記が。

僕が購入したのはサンドイッチと紅茶です。

ドル換算されるとちょっと不思議ですね(笑)

調子に乗って、他でもwirexプラスティックカードを利用しようとしたら・・・

 

どこでどれくらい使えるのだろうと思い、続いて映画館のチケットをwirexカードで買ってみようと思ったのですが・・・。

なんと・・・。

買えないです。。。

アプリで見ると、失敗との記載が・・・。

失敗した履歴はクリックしても詳細が見れないです。

なぜ買えないのかが現時点ではまだわかりませんが、買えるものと買えないものがあるみたいです。

 

 

ひがなび仮想通貨ブログより

今日で、コンビニでは使えて、映画館では使えない事がわかりました。

まだ全容はわかりませんが、ビットコインだけで生活してみるという意味では、一歩前進です。

日常的にどんどん使ってみて、何で使えて、何で使えないかは今後まとめていきたいと思います。

ビットコイン生活の為に、wirexカードに登録してみてください

私・ひがなびも登録しましたが、めちゃくちゃ早いです。

アカウント作成だけなら、無料で登録できるので、まずはアカウントを作る事をオススメします。

wirexカードの招待ページはこちらから

なお、私・ひがなびの紹介だと、後々に必要となってくるプラスティックカードの25%OFFで作る事が可能。

ネット決済だけであれば、無料なのですが、実際に財布に入れる様なリアルなカード形式(プラスティックカード)だと、wirexカードは発行するのがなんと有料です。しかも17ドル(1700円前後)とカードが結構高い。

ま、この17ドルで、税金のかからない仮想通貨生活ができると思えば安いものです。

今後ともビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガー、リスク、ファクトムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「東三国なびの仮想通貨ブログ」をよろしくお願いします。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国をこよなく愛する東三国在住の地元民。普段はマーケティングの仕事をしながら、WEBマーケティングの勉強と実験を兼ねて、趣味でブロガーとして活動中。



sponsored link

東三国なび | 人気の記事一覧

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

オンライン不動産屋バナー

オンライン不動産屋バナー