東三国なび ~東三国駅・新大阪駅周辺の地域情報~

徹底的に東三国にこだわる情報発信!大阪市淀川区東三国周辺のグルメ・ランチ・ディナー・飲食店・美容院・整骨院・整体院・結婚式場・習い事など生活や暮らしに関する情報をまとめた地域サイトです。東三国に引っ越しを検討している一人暮らし・単身赴任層の方、子育て世帯へ向けた地元コラムや店舗ビジネスの集客のコツもご紹介。

これは注目!無限の可能性を感じるCOMSAのICOを解説!

time 2017/08/27

これは注目!無限の可能性を感じるCOMSAのICOを解説!

10/2!

仮想通貨で今、注目されているCOMSAのICOが始まる日です。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれるにふさわしく、マーケットは大きく発展しています。

仮想通貨投資をする個人が増えているだけでなく、2017年6月にはこの後仮想通貨をベースに投資を得られるVALUがカットオーバー。
※VALUについては別途記事書きます。

そして、10月のCOMSAを通じて、企業が仮想通貨で投資を得られる様になります。

COMSAは企業が資金調達の為の新しい(革新的な)プラットフォームです。

個人的には、COMSAが本格稼働した後に、次々と有名な企業が活用を表明し、その度にCOMSAトークンの値が大幅に上がっていくであろうと予想しています。

さて、本日はひがなびの仮想通貨投資ブログシリーズとして、これは注目!無限の可能性を感じるCOMSAのICOを解説!ご紹介します。

こんにちは!ビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガー、リスク、ファクトムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「ひがなびの仮想通貨ブログ」です。

sponsored link

そもそもCOMSAとは何なのか!?

まずは公式ホームページの説明です。読んでも99%の方には意味不明で、一瞬で眠くなりますが、一旦原文をご紹介しておきます。

背景世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

COMSA は、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

引用元:COMSA公式ホームページより

普通に読むと、全く意味不明ですよね(笑)

要はブロックチェーンの技術は、未来の革新的な技術として注目を集めるものの、実際にビジネスで導入するにはハードルが高いのが今の現状。これをCOMSAのプラットフォームを活用したら、企業側は簡単にブロックチェーン技術を導入できるよ!というものです。

公式ホームページには、下記の様な図解も紹介されています。

引用元:COMSA公式ホームページより

英語。。。

これまた意味不明です。

わかりやすい図解が日経新聞に取り上げられていましたので、ご紹介します。

下記を読んでもらえると、COMSAの仕組みとメリットがわかりやすく紹介されています。

COMSA日経新聞

なぜCOMSAが注目されるのか?

COMSAのICOが発表されたのが8月初旬です。

本日8月27日現在で、既に60,000人以上が事前登録をしています。

今、読まれている時点で何人が登録しているのかは、COMSA公式ホームページより確認してみてください。

登録者の中には、もちろん有名人も多数含まれています。

仮想通貨の先駆者であるホリエモンさんや・・・

仮想通貨にハマっている事を名言しているプロブロガーのイケダハヤト氏も・・・

他にもCOMSAに関しては、大物が多数注目しています。

COMSAは日本初のベンチャーキャピタルが投資するICO

COMSAをリリースするテックビューロ代表の朝山氏も自信を持ったツイート。

これは日経新聞でも大きく取り上げられています。

 ベンチャーキャピタル(VC)など3社が、仮想通貨を使った新しい資金調達法への投資を始める。投資総額は計20億~30億円になる見通し。IT(情報技術)と金融を組み合わせた「フィンテック」は金融の形を大きく変える可能性があり、新しい資金供給手法として注目を集めそうだ。

引用元:日経新聞より

COMSAリリース後は、企業は通常、株式を通じて資金調達をしていたものが、COMSAを通じた仮想通貨トークンで資金調達をする事が可能になる。

これは経済活動において、世の中の既成概念を破壊的に変える可能性を秘めています。

この大きな可能性に賭けたベンチャーキャピタル3社が20億円~30億円をCOMSAに投資する。

これは凄い事です。銀行と真っ向勝負になりますね。

銀行側は乗っかるのか、対立するのかは今後の各社対応が分かれそうな気がします。

でも、少なくともその方向性が決まるまでは銀行がスポンサーについているテレビでは報道される事は少ないではと推測しています。

仮想通貨自体も日本銀行券を発行していて、流通している国や銀行からすると、未来の脅威になり得るので、テレビではビットコインの弊害の面が強めに報道されている印象があります。

その一方で、裏では銀行側は、仮想通貨リップルを中心にした新しい送金システムを着々と準備している様に思います。

世の中の金融の常識がこの数年で大きく転換期を迎えているだけに、恐ろしく水面下では色んな動きがありますね。

あくまで個人的な感想です。

COMSAをバックアップしているメンバー

COMSAを支えているメンバーは、下記のそうそうたるメンバーです。

 

個人的な注目は日本最大手のクラウドファンディングサービスを手掛けるCAMPFIRE代表の家入氏が入っている事。

CAMPCIRE社はCOMSAを速攻で活用する事を決めている様です。

この面々にtwitterでも話題になっています。




COMSAが盛り上げるもう一つの理由

海外では、このパターンのICOが既にいくつか行われているのですが、日本で初めてというのが熱いですよね。

「日本の」というのが安心感があります。正直海外のICOは怪しくて、手が出せないです。名前や顔が入って紹介されていても実在しているかどうかが確認できないので(汗)

また、「日本の」という事で、単純に応援したくなります。ブロックチェーン技術は、インターネットの登場と同じくらい世の中を変える技術です。

インターネットはgoogle、facebook、microsoft、amazon、twitterなど全て海外勢にプラットフォームを抑えられました。

yahooやmixiも実質負けましたしね。。楽天には日本勢として頑張ってほしいところです。

ただ、仮想通貨やブロックチェーンは今からの勝負です。日本勢が世界のプラットフォームを制する事もあり得ます。ビットコインの生みの親も、ナカモトサトシさんという日本人っぽい名前ですしね。まだ本人は断定されていない。危なすぎて顔が出せないんだと思います。

この時代に生まれて、この話題です。日本勢を応援したくなりますね。

というか、これだけのチャンスを知った上で、行動しないという選択肢は個人的には考えられないです。はい、あくまで個人的な意見です。

 

ひがなび仮想通貨ブログより

 

もちろん私・ひがなびも8月初旬に既に登録を済ましています。

私・ひがなびも、少なくとも10万円、頑張って100万円くらい投下しようかと、現在お金を工面しているところです。

事前登録は、お金不要ですので、興味があれば登録だけはすぐにしておいた方が良いと思います。

登録は事前しかできないはずですので、お早目にどうぞ。

COMSAの事前登録は、メールアドレスとパスワードを設定するだけで完了できますので、一瞬です。

 

COMSAの事前登録はこちらの公式ホームページにて

 

今後ともビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガー、リスク、ファクトムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「東三国なびの仮想通貨ブログ」をよろしくお願いします。

もしよろしければ下記の記事もご覧ください。

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国をこよなく愛する東三国在住の地元民。普段はマーケティングの仕事をしながら、WEBマーケティングの勉強と実験を兼ねて、趣味でブロガーとして活動中。



sponsored link

東三国なび | 人気の記事一覧

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

オンライン不動産屋バナー

オンライン不動産屋バナー