東三国なび ~東三国駅・新大阪駅周辺の地域情報~

徹底的に東三国にこだわる情報発信!大阪市淀川区東三国周辺のグルメ・ランチ・ディナー・飲食店・美容院・整骨院・整体院・結婚式場・習い事など生活や暮らしに関する情報をまとめた地域サイトです。東三国に引っ越しを検討している一人暮らし・単身赴任層の方、子育て世帯へ向けた地元コラムや店舗ビジネスの集客のコツもご紹介。

仮想通貨の投資戦略!大事なのはチャートの見方ではなく投資戦略と方針

time 2017/09/04

仮想通貨の投資戦略!大事なのはチャートの見方ではなく投資戦略と方針

この記事は、仮想通貨のチャート分析に興味を持っている方に向けた新しい視点をご提案する記事です。

特に、いつも俺が仮想通貨を買うと、なせが値下がりが始まるんだよな、だからチャート分析ができる様になれば絶対儲かるはず、テクニカル分析勉強しようっと!と思っている方を意識して書いています。

仮想通投資に対して、明確な方針をお持ちでない方も参考にしていただけるのではないかと。

ちなみに、タイトルからもわかる様に、私・ひがなびの結論としては、仮想通貨投資では、チャートのテクニカル分析って意味ないと思いますよ!という事です。

これは一つの意見として聞いていただきたいなと思っています。

だって、テクニカル分析って、従来の株式の値動きを統計学から算出されたものですよね。

仮想通貨は通常の株式投資やFXとは異なり、市場が不安定で未成熟な領域ですよね。

仮想通貨市場って、インサイダー取引が実質OKだし、もはや異種格闘技戦ですよね。

そんなところで、旧態依然のチャートのテクニカル分析って通用するのでしょうか。と私・ひがなびは思うわけです。

もちろん、移動平均線とかゴールデンクロスとかの最低限の知識は持っておく方が良いでしょうが、不確実性の高い仮想通貨投資では、テクニカル分析を学べば無敵という事ではないと覆っています。

チャート分析を勉強して、実際に活用して、仮想通貨投資の現状を変えたいという方に、もう1つの視点として、一つの投資方法をご紹介させていただければと思います。

1つの意見だと思って、5分程度、本文にお付き合いいただければ幸いです。

さて、本日はひがなびの仮想通貨ブログシリーズとして、仮想通貨の投資戦略!大事なのはチャートの見方ではなく投資戦略と方針をご紹介します。

こんにちは!ビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガー、リスク、ファクトムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「ひがなびの仮想通貨ブログ」です。

 

sponsored link

仮想通貨投資のひがなび流投資法の前提

 

はじめにひがなび流投資法の前提を4つお伝えします。

  • 仮想通貨市場は成長市場である。
  • 仮想通貨市場は未成熟で株式市場とは異なる。
  • 仮想通貨市場は短期の細かい予測が極めて難しい市場である。
  • 市場の成長率同等の投資利回りを目指す投資法である。

上記4つを前提とした投資法をご紹介します。

仮想通貨の値段は、コインチェックベースで算出すると、2016年から2017年では約5倍です。各コインによって値動きは異なりますが、詳細は以前の記事「【保存版】コインチェック仮想通貨の均等分散投資は計算すると年利495%に!」を参照ください。

過去1年では5倍成長した市場です。まだこれから世の中に導入される、一般的になっていくというフェーズである以上、仮想通貨市場は年間5倍以上の成長も期待できる市場だと思っています。

今回ご紹介する私・ひがなび流の投資法は、あくまで市場の成長+αの利回りを目指すものです。例えば、市場が年間で5倍に成長したのであれば、自分は6倍か7倍を目指すと様な投資法となります。

いきなり1年で100倍みたいな事を一攫千金、一発逆転的なものを目指すものではなく、できるだけ確実に達成できる確実性を重視した投資法となります。

この点、前提としてご注意ください。

仮想通貨投資でよく見る状況・コメント

コインチェックのチャットでは、市場は上昇局面なのに、損している人、市場の成長率よりも利益が下回っている人のでよく見ます。

また、ひがなび流投資法に基づくと、売買すべきではないと思っているタイミングで売買している方をよく見ます。

投資は自己責任なので、チャットで他の方へコメントをする様な事はしませんが、「おー、今買うのかー。危ない。暴落する可能性あるよ。勝負師やなー」とか、「え?今売るの?なぜ?損切りですやん」とか思ってたりします(汗)。

当たり前ですが、投資は安く買って、高く売るが原則です

投資に参加している方は全員そう思って参加していますよね。

なのに、高く買って、安く売る人をよく見るんですよ

 

なぜか?

そうです。市場の動向を見誤っている訳です。

だから、市場の先が読める様になりたいと思って、チャート分析を勉強しよう!ってなる訳ですよね。

でも、チャート分析では通用しないのではないでしょうかというのが私・ひがなびの意見です。

 

じゃあ、どうしたら良いねん!!って事ですが、単純です。

仮想通貨投資でのオススメの投資法

ひがなび流投資法の全てではないですが、核となる部分です。

  • 仮想通貨は複数のコインへの均等投資をする。
  • 仮想通貨は暴落時に買って、値段が戻ったら売る。
  • 買う値段は予め決めておく。
  • 売るのは全額ではなく一部のみ。
  • あとは暴落を待つのみです。チャットを眺めておきましょう。

今、仮想通貨投資には投資キャリアの浅い人が流れてきている

私・ひがなびは2003年から株式投資、投資信託投資などを14年実施してきています。リーマンショックも経験させていただきましたが、ここ10年は投資が年間でマイナスになった事はありません。

でも最初の1.2年は方針がなく、狼狽売りも繰り返し、なかなか利益を得る事ができませんでした。

そして今、仮想通貨市場には投資キャリアの浅い人がどんどん流入してきています。

自分の経験を活かして、何か役に立てる事があるんではないかなと思って、この記事を書いています。

ホント、投資を始めた当初の時って、値段が値上がり時には、この流れに自分もならなきゃ!って思って、値上がりが始まってから買うんですよね。動きが遅すぎます。

 

ちなみに、あまり良い表現ではありませんが、この動きの事を「イナゴ」と呼ばれていたりします。

稲の収穫時に飛びついてくる様を比ゆ的に表現した言葉ですが、状態を解説する意味では、芯をついているかもしれません。

稲が実ってから参加しても遅いんですよ。先に種をまいておき、イナゴ的な動きが出たら収穫して退散する農家の立場にならなければいけません。。

本記事のアイキャッチのイメージです。

money_toushi

 

 

暴落時に仕込んだ方が良いのは、仮想通貨市場が成長市場だからです。

  • 下がってもいずれ元値には戻る。
  • 仮想通貨取引所は手数料+スプレッドが高い。

値上がり時に動くイナゴ的な動きでは、

  • 一定上がった後なので、(さらに上がり続けるかどうかはわからないのに)、上がるとしか思えない。
  • 千載一遇のチャンスが目の前に広がっていると思い、買う!
  • 売る値段に関して、方針が無いので、ちょっと値段が下がったら精神が持たない。
  • さらに下がったら、恐怖と動揺が許容量を超えてしまい、損切りへ。

これがいわゆる狼狽売りと言われる状態です。

暴落時にはどこまでも下がる気がして、「お金が無くなるかもしれない」という、この恐怖には耐えられないですよね。

買う時は「どこまでも上がる」様な気になっているんですが(汗)。

ま、どちらも勘違いでしかないという事でしょう。

 

投資においては、投資家自身のメンタルは非常に重要です。

ただ、メンタルの状態によって、判断が狂ってしまうのは、非常に危険です。

でも、方針があると楽ですよ。

感情全く揺れないです(笑)。

だって、基準値で買って、基準値で売るだけですので。

 

仮想通貨投資でのオススメの投資法

上記で概要を書いた投資法について、もう少し詳しく書いておきます。

  • 仮想通貨は複数のコインへの均等投資をする。
  • 仮想通貨は暴落時に買って、値段が戻ったら売る。
  • 買う値段は予め決めておく。
  • 売るのは全額ではなく一部のみ。
  • あとは暴落を待つのみです。チャットを眺めておきましょう。

最初は投資額を15等分して、コインチェックの13種類コインに対して、1/15ずつ投資し、2/15を残すところから始めます。

この13/15は長期で放置します。来年には5倍になる事を祈りましょう。

値段が30%上昇したら、資産の5%売るなどの売却ルールは決めておきましょう。BTCかJPYが徐々に増えていきますよ。

そして、暴落時に2/15のうちの1/15を投資します。これを13/15の分散投資と分けて、僕はこの1/15×2を別動隊と呼んでいます。

個人的には仮想通貨投資の暴落の定義は、直近1か月の最高価格から30%下がった時としています。

13通貨あっても、30%ダウンは、ホントたまにしか機会はないですよ。

全ての取引の値段・数量について、記録をつけておき、経過観察をします。

そして、元に戻ったら、一部を売ります。元本分の金額です。

もう少し細かくいうと、最高値から30%ダウンした状態で、購入し、元値に戻ったら、その時点で元本は143%になっています。

100000円投資したら、143000円となっています。そしたら、100000円分を売ります。これで元本回収です。残りの43000円は長期保有で放置します。

これを3回成功させると、100000円以上の利益が出るので、別働隊が新たに1部隊形成できます。

 

現在、私・ひがなびが狙っている価格

ちなみに、現在・ひがなびが狙っている価格です。

30%DOWN列に入っている数字を割り込んだら、別動隊を出動させて買うつもりです。

LSK、REP、ZECのいずれかは、一度は割り込む可能性があるのではないかなと思っています。

8月ピーク 30%DOWN 9/3現在 差分
BTC 558400 390880 510304 -119424
ETH 43586 30510 38495 -7985
ETC 2528 1770 2154 -384
LSK 903 632 734 -102
FCT 3632 2542 3116 -574
XMR 16244 11371 13625 -2254
REP 3390 2373 2804 -431
XRP 28.6 20 25.54 -6
ZEC 34476 24133 28208 -4075
XEM 37.7 26 33.8 -7
LTC 9982 6987 8791 -1804
DASH 43707 30595 39261 -8666
BCH 99314 69520 67845 1675

ちなみに、BCHはできたばかりの通貨なので、基準の30%DOWNを割っているのですが、今回は元値の99,314まで戻るのかどうかを様子見しています。

30%DOWNは結構、待ちが必要なんですよねー。

今年の6月下旬から7月に、別動隊を出動させまくって、8月で全部撤収してきているので、暇です(笑)。

ま、30%DOWNしていないという事は本体で利益が出ているという事なので、それで充分ではあります。

別動隊は増やせれば増やせるだけ良いですよ。ナンピン買いできる余剰が増えますので。

 

ひがなび仮想通貨ブログより

これが私・ひがなびの投資方針です。

現在、コインチェックの値段は暴落しても元に戻っているので、そして、今後も成長市場であるからこそ、暴落しても元に戻る事が期待できるので、高確率で資産を増やしていけます。

完全に逆張りです。

私・ひがなびとしては、常に1回下がらないかなと思っているので、コインチェックのチャットではホント稀にしかコメントできないです(汗)。

13/15の本体で、昨年の仮想通貨投資市場の成長率である5倍を狙い、2/15から始まり、3/15、4/15(別動隊が増えた時点で、正確には母数は15ではないです)と増やしていく別動隊で1-2倍分を狙いにいくという方針です。

少しでも参考になれば幸いです。

ご一読ありがとうございました。

今後ともビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガー、リスク、ファクトムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「東三国なびの仮想通貨ブログ」をよろしくお願いします。

もしよろしければ下記の記事もご覧ください。

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国をこよなく愛する東三国在住の地元民。普段はマーケティングの仕事をしながら、WEBマーケティングの勉強と実験を兼ねて、趣味でブロガーとして活動中。



sponsored link

東三国なび | 人気の記事一覧

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

オンライン不動産屋バナー

オンライン不動産屋バナー