東三国なび ~東三国駅・新大阪駅周辺の地域情報~

徹底的に東三国にこだわる情報発信!大阪市淀川区東三国周辺のグルメ・ランチ・ディナー・飲食店・美容院・整骨院・整体院・結婚式場・習い事など生活や暮らしに関する情報をまとめた地域サイトです。東三国に引っ越しを検討している一人暮らし・単身赴任層の方、子育て世帯へ向けた地元コラムや店舗ビジネスの集客のコツもご紹介。

zaifの資金流出記事を心配するなら複数の仮想通貨取引所で口座開設をするべき理由

time 2018/02/21

zaifの資金流出記事を心配するなら複数の仮想通貨取引所で口座開設をするべき理由

コインチェック問題が世間を賑わしてます。

ザイフ民の一部はこのコインチェック問題を他人ごとのように見ている様に見受けられます。

しかし、なんとザイフにおいても小規模ながら資金流出事件が発生しています。

被害に遭われた方がごく少数なので、コインチェック問題のように、新聞やニュースで大々的に取り上げられていることはありませんが、もし自分が被害に会うかもしれないと考えるとすごく不安になりますね。

今日の他人は明日の自分かもしれません。

それだけ仮想通貨市場は未成熟な市場なのです。
法定通貨であれば国が守ってくれることもありますが、仮想通貨は現在のところ自分で自分を守るしかありません。

私も他人ごとではないと考え、安心して仮想通貨取引を行うために、不正資金流出、ハッキング被害から自分の金を守る方法を考えてみました。

さて、本日は仮想通貨投資シリーズとして、zaifの資金流出記事を心配するなら複数の仮想通貨取引所で口座開設をするべき理由をご紹介します。

こんにちは!ビットコイン、イーサリアムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「東三国なびの仮想通貨体験談」です。

sponsored link

ZAIFの資金流出事件が発生

2018年1月6日から7日の未明、仮想通貨取引所のZAIFで不正流出事件が発生。

判明している範囲では、10名分のアカウントについて、合計37件の不正出金が実行されたことを確認

15名分のアカウントについて、合計137件の不正注文が発行されたことを確認

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)はこの影響で、出金する人が殺到し、出金エラーが頻発している模様です

年始早々かなり衝撃的な事件でした。コインチェック問題でかき消されている様な印象ですが、これも相当重大な事件です。最新情報は、twitterアカウント「ZAIF被害者の会」にて確認する事ができます。

世界の仮想通貨取引所ハッキング被害状況

昨年12月、韓国の仮想通貨取引所youbitがハッキング被害に遭い、倒産しました。

韓国の仮想通貨取引所であるYoubit(ユービット)が、ハッキング被害により「経営破綻」しました。ユーザーの保有する資産の約5分の1を盗まれるという大規模なハッキングを受け18億円もの被害とも言われています。「またやられた」実は2回目の被害で破綻に追い込まれたといいます。今回のサイバー攻撃に絡むのは世界でも5指に入る実力だと言われている部隊をもつ、北朝鮮への疑いがかかっています。

引用:仮想通貨まとめより

今年1月にはご存知コインチェックのNEM不正流出事件が、さらに2月にはイタリアの仮想通貨取引所BitGrailでハッキング事件が発生しました。

イタリアの仮想通貨取引所BitGrailでハッキングか 約220億円相当のNANO(XRB)紛失で警察も捜査開始

加速度的にハッキング被害は広がっている様に思います。

現金や金で1億円盗もうとすると重さ的に運び出すことが一苦労ですが、ネットでのハッキングであれば、物理的な苦労なく世界中どこからでも盗めてしまいます。

一説では国単位でハッキングを行っているという噂もあり、今後も仮想通貨取引所とハッカーの戦いは続きそうです。

一番の対策はコールドウォレット!しかし難しい

最も有効な対策はインターネットから自分の仮想通貨資産を切り離す事です。

仮想通貨取引所で仮想通貨を保管するのではなく、いわゆるコールドウォレットに送金して、自分で管理する。タンス貯金的な保管方法が最も安全です。

しかし、私・ひがなびも1回試したのですが、このコールドウォレットの保管が意外と難しいんですよ。

インターネット上で転がっているコールドウォレットの設定の仕方や送金の方法に従って、画面を見ながら実際にやってみたのですが、なんと資産を失いました。。。セルフGOXを経験するはめに。。。

それは昨年12月に、コインチェックからイーサリアムのウォレット「myetherwallet」に資金を移し替えようとした時の出来事でした。

無事?にアカウント(お財布)を作成し、実際に送金してみたのですが、しばらくしても、数日経っても全くイーサリアムがウォレットに反映されませんでした。コインチェックからは送金されているのにです。。。

今でもなぜ送金が失敗したのか、もしくは成功したのに自分のウォレットを開く事ができなくなったのかがわかりません。。

コールドウォレットは誰かに見てもらう事もできないし、自力でなんとか設定・運用しなければなりません。何かあっても他者にはどうにもできません。

そして、私・ひがなびは20イーサリアムを失ったのでした。。。

日本円にして200万円くらいです。。。セルフGOX。。。

最初に実験的に1万円分とかで、なぜ試さなかったのか今でも悔やみます。。。しくじり先生に出れそうなくらいシクりました。。。

まだ一般的でないコールドウォレットを運用するには、まだ世の中に情報が足りておらず、個人的には難易度が高く、オススメできません。。

マイニングもしかりです。チャレンジしようと思いましたが、ちょっとマニアックですね。。専門的な知識の無い自分にはちょっと難しく感じました。

オススメは仮想通貨取引所の分散管理

コールドウォレットで、セルフGOXを経験し200万円を失い、1月にビットコネクトが破綻し100万円を失いました。。。そして、1月末コインチェックにて800万円分のNEMを失い、コインチェックの残資産2000万円も凍結中。。。

2017年年末から2018年年始は踏んだり蹴ったりです。

ただ、既に初期投資額の200万円は回収し、年始に税金支払い用に500万円を現金化していたので、個人的にはマイナスはありません。

プラスが無くなったというのが現状です。

不幸中の幸いです。ただのラッキーです。

私の経験則から是非この記事を読んでいる方に対してお伝えしたいのは、冒頭でもお伝えしたい通り、仮想通貨市場は未成熟で、自己責任。

自分の身は自分で守るしかないという事です。

2017年の1年間の仮想通貨投資経験(株・投資信託は17年目)から、個人的には2018年リスタートしても一定の利益は出せると思いますが、株や投資信託では考える事があまり無かった予想しない瞬間にいきなり全額失うリスクがあるという事が仮想通貨運用で最も気を配らないといけない事だと気が付きました。

気が付くのが遅すぎるかもしれませんが、自分で実際に痛い目に遭ってこそ、本当にわかるんだと思います。

年始、仮想通貨の価値が最高潮の時、資産総額は6000万円を超え、2月には億り人が見えるとか調子乗っていたので、きっとバチがあたったんだと思います。

自業自得ですね。

しかし、自分でもこの経験は非常に良い経験だったと思います。これを知らずにお金だけ増えても、資産に見合う自分にはなれない

ただの成金となり、身を滅ぼすだけ。
いついかなる時も冷静に、そして真摯的に向き合う必要があり、お金を持つには、持つなりの心構え、人間性が必要である。

コールドウォレットも設定できない、お金を持つ為の精神性が足りていない自分が仮想通貨市場でリスクを許容して、うまく時流に乗るための方法として、行き着いたのが独自の理論である仮想通貨取引所の分散管理です。

投資にはリスク管理がつきもので、17年前の投資を始めた当初から分散投資を意識しています。実際、仮想通貨でも昨年の記事「【保存版】コインチェック仮想通貨の均等分散投資は計算すると年利495%に!」で、コインチェックの仮想通貨を例に、ご紹介した通り、1つの通貨に比重を置きすぎずに、満遍なく投資をする事してきました。

ビットコインやイーサリアムなどメジャーどころだけでなく、COMSAもZAIFトークンもモナコインにも分散すべき。

これが元々の私・ひがなびの独自投資方針です。

これを発展されたのが仮想通貨取引所の分散管理という方針です。

冒頭でご説明した通り、世界的に仮想通貨取引所はハッキング被害に逢っていて、今後もハッキング被害は発生し続けるという前提で(もちろん取引所のセキュリティ向上も期待)、多少ハッキングされても、コインを失っても勝ち続ける為の方法として、仮想通貨取引所の分散管理という方針を編み出しました。

昨年まではコインチェック、ZAIFでそれぞれ別々の仮想通貨を取り扱っていて、ビットフライヤーは取り扱い通貨が少なく、なかなか分散管理を行う環境は整っていませんでしたが、ビットフライヤーのリスク上場や新たな仮想通貨取引所の設立などで、仮想通貨取引所の分散管理ができる環境が整ってきました。

コインチェックは論外ですが、ZAIFもセキュリティ面ではかなり問題があると思いますので、次にいつZAIFがハッキングされるかわかりません。

その為にも私・ひがなびは5つの仮想通貨取引所に分散管理する事にしました。

例えば、10BTCあるならば、2BTCずつ5つの仮想通貨取引所に分けるという事です。

どこか1つの仮想通貨取引所がハッキングされたとしても一定の資産は残ります。また、多少ダメージをくらっても、仮想通貨市場次第が大きく伸びるのでトータルでは勝てると思っています。

コインチェックとZAIFに、ほぼ全ての仮想通貨資産を預けている私・ひがなびとしては、というか、セルフGOX、コインチェック、ビットコネクトでトリプルパンチを食らった私・ひがなびとしては、仮想通貨の資産管理の方向を固めておく事は非常に重要だと考えました。

仮想通貨投資が1年を経過し、初心者レベルを超え、一定利益額が出ている段階だからこそ資産を守る方法を考えなければと思いました。利益のほとんどがコインチェックにて凍結していますが(自虐)。

ZAIFも他人事ではありません。コインチェックよりも先に、しかも先月に不正アクセスがなされている状況で、急いでセキュリティの専門部署を立ち上げた様ですが、いつくるかわからないハッキング被害に対策が間に合う保証はありません。

このような環境において、取引所任せではなく、投資家側からできる対策は自分で行っておく事が重要だと考えます。

チャートやチャットを眺めている時間があるならば、1日、2日見るのを我慢して、新たな仮想通貨取引所を開設して、分散した方が建設的な行動だと思います。

ひがなびのオススメの仮想通貨取引所

私・ひがなびは、ZAIF、コインチェックに続き、QUOINEX、ビットフライヤー、DMMビットコインの口座を開設しました。

本記事はZAIFもセキュリティ危ないと思いますよ、だから自衛の為に分散管理をオススメしますよという趣旨の記事ですが、1つ攻めの情報をお伝えします。

ディフェンシブに分散管理を進めつつ、オフェンシブな投資をしてはいかがでしょうか?というご提案です。

それはQUOINEXという仮想通貨取引所の活用です。

私・ひがなびが、実は今、一番オススメしたい仮想通貨取引所がQUOINEXなんです。

QUOINEXは、日本の仮想通貨取引所の正式認可を受けた一番最初の取引所で、私・ひがなびは昨年11月に既に開設していたのですが、QASHというICOに投資する為だけに開設していて、それ以外は稼働させていませんでした。

QUOINEXはセキュリティに重きを置きユーザーファーストな運営をしているので、マイナーはありますが、好感を持っている人が多い取引所となります。

セキュリティ面が万全(ディフェンスが鉄壁)なのに、加えて、QUOINEXを一番オススメしている理由のは、オフェンス的な要素があるからです。

実はQUINEXでしか買えない仮想通貨があります。個人的に2018年に大きく伸びると思っているQASHという仮想通貨が日本ではQUINEXでしか買えません(2018年2月現在)。

QASHは11月にICO を行い、12月に価格がそこまで伸びなかったので、それだけに正式にプラットフォームが稼働する2018年、どこかで伸びないかなと期待しています。

QASHは世界的な仮想通貨取引所QUOINEXの取り扱い仮想通貨のひとつで、ICO史上最高額クラスの資金を集めた仮想通貨として、一気に有名になりました。

QASHのプラットフォームはマイナーな法定通貨を持つ国(ドル、円、ユーロ、元など以外の通貨)の方が仮想通貨の取引を行う時には、今後必須となるプラットフォームです。劇的な伸びしろがあります。
日本ではQUOINEXだけでしか取り扱いがなく、現時点ではあまり有名ではありませんが、着々と準備している今の仕込みが順調に推移すれば2018年度どこかで大きく化ける通過なのではないかと思っています。

QUOINEのロードマップによると、2018年の第二四半期には、公式LIQUIDプラットフォームの運営が始まると記載があります。

つまりは、2018年4月~6月に大きく化ける可能性があります。

そして、数万円だけでも入れてQASHに変えておくのはオススメです。

以前の記事「目指せ億り人!2018年に高騰を期待する仮想通貨予想トップ3」でもご紹介していますが、私個人の予想としまして、2018年に高騰を期待する仮想通貨はリップル、リスクに次いで、QASHは3番目に高騰すると予想しています。ちなみに、私・ひがなびもICO段階で、QASHを100万円分買いました。え?買いすぎですかね?それくらい個人的にはオススメです。

QUOINEXは是非、早めに口座開設だけでもしても良いかもしれません。

QUOINEXの公式ホームページは下記よりお進みください。

東三国なび仮想通貨ブログより

仮想通貨取引所の開設手続きは最初大変(それでも入力と審査依頼は20分くらい)だけど、一度だけの手続きなので、流出記事を見て心配だとか、チャートを見て一喜一憂するのであれば、新たな仮想通貨取引所の開設をしてみてはいかがでしょうか。

個人的には5つの仮想通貨取引所を扱うので、面倒くさくなりますが、面倒な方が相場が揺れても、狼狽売りしなくて良くなるなとかプラスの一面も感じています。いちいち、5つの仮想通貨取引所にログインして売っていくのが、めんどくさくなります。

自然と中長期保有になりそうです(笑)。

自分に言い聞かす為の記事でもあり、仮想通貨取引を行って、しばらく時間が経過した方に向けた記事として書いてみました。

今後ともビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガー、リスク、ファクトムなど仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックなどに関する情報をまとめながら、自分の仮想通貨投資の体験談をご紹介する「東三国なびの仮想通貨ブログ」をよろしくお願いします。

もしよろしければ下記の記事もご覧ください。

目指せ億り人!2018年に高騰を期待する仮想通貨予想トップ3

税務署の目に注意!仮想通貨の確定申告!自力で計算が難しければ税理士に全投げして相談を!

sponsored link

コメント

  • コメントさせて頂きます
    zaifの件、当事者になってしまいました
    朝起きるとbtcがすっからかん、運営に問い合わせてもまったく反応なし
    1ヶ月半お返事なしです
    他の同じ状況の方も返答ないようです
    メディアからの問い合わせも無視しているようです
    テックビューロ、中々ヘビーな会社です

    by ブリオ €2018年2月23日 7:49 AM

  • ブリオさん
    BTCすっからかんですか。。。キツイですね。。。自分の身にも起こったらと考えると恐怖です。心中お察しします。ZAIFも、コインチェック同様に信用が揺らいでますね。どこの取引所に預けるか、この点、今後、非常に重要になりそうですね。

    by higashimikuni2015 €2018年2月25日 11:36 AM

down

コメントする




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロフィール

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国をこよなく愛する東三国在住の地元民。普段はマーケティングの仕事をしながら、WEBマーケティングの勉強と実験を兼ねて、趣味でブロガーとして活動中。



sponsored link

東三国なび | 人気の記事一覧

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

ビットコイン トレードグランプリ