東三国なび ~東三国駅・新大阪駅周辺の地域情報~

徹底的に東三国にこだわる情報発信!大阪市淀川区東三国周辺のグルメ・ランチ・ディナー・飲食店・美容院・整骨院・整体院・結婚式場・習い事など生活や暮らしに関する情報をまとめた地域サイトです。東三国に引っ越しを検討している一人暮らし・単身赴任層の方、子育て世帯へ向けた地元コラムや店舗ビジネスの集客のコツもご紹介。

スマホ時代を制する!店舗集客で考えるべきトリプルメディアを解説!

time 2016/04/29

スマホ時代を制する!店舗集客で考えるべきトリプルメディアを解説!

店舗集客にはトリプルメディアの活用が必須!

店舗ビジネスで最も難しい事の1つが「集客」です。

インターネットを通じて店舗の認知を拡大し、購買意欲を向上させ、来店を促す。

この為にトリプルメディアを活用しましょう。

その為にはセオリーを理解する事と設計する事が重要です。

難しく考える必要はなく、1つ1つポイントを抑える事で集客できる様になります。

私・「ひがなび」は本業で店舗ビジネスのマーケティング業を行っています。

これだけは自信を持って言える!

隣のお店よりも知識を持って、正しく進めていけば、必ず流れが変わります!

同じ商品を見せ方を変えるだけで、1年で売上が2倍になったなんて事も多々経験させてもらいました。

ホントやり方次第です。セオリーを知っているかどうかは非常に重要です。

では、前置きが長くなりましたが、本題「トリプルメディアの解説」です。

sponsored link

そもそもトリプルメディアって何?

※引用元:ソーシャルマーケティングラボより

 

店舗がインターネット集客を考える利用する集客チャネルを3つに分類したものです。

3分類とは、ペイドメディア、オウンドメディア、アーンドメディアです。

最初、カタカナ文字だけ読むと意味不明ですよね。

それぞれの特徴をお伝えすると下記の様になります。

☆ペイドメディア
paid media=いわゆる広告です。
店舗が出稿量を支払い、露出枠を買う(pay)ものを言います。
伝統的な新聞、ラジオ、テレビ、雑誌、フリーペーパーやWEB広告類です。
「ユーザーの関心をつくる事」を目的とするものです。

メリット :短期的に効果を得る事ができる。
デメリット:費用が高い。外部要因に左右される。

☆オウンドメディア
owned media=自社で所有しているメディアです
ホームページ、メールマガジンなど自社で管理しているものとなります。
中長期的な視点で「育てる」意識が必要ですが、一度育てば低コストで集客が可能です。
「ユーザーの理解を促す事」を目的とするものです。

メリット :費用対効果が最も良い。外部要因に左右されにくい。
デメリット:効果が出るまで時間がかかる。ナレッジが必要。

☆アーンドメディア
earned media=いわゆる口コミサイト、SNSです。
評判や信用を得る為に活用します。
ユーザーが購買する前に、第三者の意見を確認する為に使います。
現代において、特に若年層ほど活用する傾向にあります。

メリット :ユーザーに響きやすい。
デメリット:炎上リスクがある。

では、トリプルメディアはどうやって活用したら良いの?

大事なのはユーザーの動きと感情です。

自分が美容院、旅行、不動産などを探した経験を思い出しながら、読み進めてください。

一般的なユーザー導線としては、ペイドメディア→オウンドメディア→アーンドメディアと調べを進めていきます。

ぐるなび調べて、お店のホームページを見て、食べログで口コミを見るという様なイメージです。

商品が高価格なものほど複数の情報を見て、時間をかけて購買に移ります。

店舗ビジネスで、客単価が3000円以上の場合、このトリプルメディア導線をしっかりと考えていく必要があります。

結論:ペイドメディアで興味を持ってもらい、オウンドメディアで深い理解をいただき、アーンドメディアで信用を得るという事が重要です。

☆ペイドメディアで興味を持ってもらう。

ユーザーは店舗一覧ページを流し読みします。

あなたの店舗が画面に表示されて1秒以内に興味を持っていただく必要があります。

引用元:エキテン 東三国 接骨・整骨ランキングより

一覧ページで表示するアイキャッチ写真は、店舗の特徴が一撃で理解できる写真を選びましょう。

一覧ページで表示する店舗紹介文は、店舗の特徴・ユーザーのベネフィットを制限文字数内に詰め込みましょう。

自分の店舗は何が売りなのか、どこで勝負するのかが重要です。

ペイドメディアに出稿する予算がない場合、食べログ、エキテンなど無料で出稿できるものをフル活用します。
☆オウンドメディアで深い理解を促す。

ユーザ-はより深い情報を取りに来ます。

ある程度、興味を持っている前提なので、ペイドメディアに掲載している情報よりもマニアックな専門的な情報を掲載しても大丈夫です。

ペイドメディアに書いている事と同じ様な情報だと、ユーザーはガッカリして離脱します。

なぜあなたのサービスが優れているのかをプロ目線で記載してください。

加えて、ユーザーの購買意欲を高める為には、ユーザーが買った後の世界を見せる事も重要です。

よく昔、少年誌にあやしい石の紹介が掲載されていて、購入すると突然女性にモテるという様なストーリーを見た事ありますか?

購買した後のユーザーベネフィット「私はこれを買うとどうなるのか?」を可視化させましょう。

これは、ユーザーが購買に至る様に「背中を押す」部分となります。

それまでに「この商品、結構良いかも!?」と思っている方には非常に有効です。

「いやいや、そんな事にはならんでしょ」と思われたとしたら、ストーリーではなく、その手前に問題がある場合が多いです。

☆アーンドメディアで信用を得る。

ユーザーは買いたくなっていても、買えない場合があります。

ユーザーは間違えたくない。

「私は本当にこれを買って良いのか?」と何度も自問自答されています。

そこで登場するのが第三者の声「口コミ」です。

口コミは現代において非常に重要です。

引用元:エキテン 東三国 接骨・整骨ランキングより

 

口コミ投稿で、店舗の売り・強みが掲載されているかどうか確認しましょう。

意外に店舗側が思っている売りとユーザーが感じた感想でギャップがある場合もあります。

顧客の声に耳を傾ける事は何よりも重要です。

売りを伝えるのではなく、届いているかどうかは常に確認しましょう。

ちなみに、口コミサイトでは良いコメントだけが並んでいるのが理想ではありません。

時に辛辣な意見をいただく事もあると思いますが、9割が良いコメントであれば問題ありません。

口コミサイトのユーザーは、色んなユーザーがいる事を知っています。

変な書き込みをする人なのか、商品を正しく見極められている人なのか口コミを読めば基本理解できます。

ネガティブ意見に触れた場合、「私はこれを許容できるのか?」を見ています。

許容できるのであれば、次の良い口コミを見て、信用に値すると感じ、再度ホームページに戻り、購買へと進むでしょう。

東三国なび編集部より

スマホに、インターネットにしっかりとあなたの店舗を表示させる事で、店舗の認知度が変わります。

そして、2000年以降、インターネットで調べる、インターネットで買うが当たり前の環境となり、ユーザーが接触するメディアは多岐に渡ります。

購買前に色んな知識を得てから、実際に購買に移ります。

この点で90年代以前とは全く状況が異なります。

個人的にはあまり好きな表現ではありませんが、広告業界では、この事を「ユーザーが賢くなっている」という表現を使っています。

ユーザーには正しくあなたの商品・サービスのベネフィットを具体的に伝える方法が必要となります。

意図的に、戦略的に行う事で、確実に集客は変化しますよ。

次回はより実践的な方法を解説しますね。

ではでは。

もしよろしければ下記の記事もご覧ください。

漫画で学ぶインターネット集客ナレッジ!ウェブマーケッター瞳!

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国なび管理人「ひがなび」

東三国をこよなく愛する東三国在住の地元民。普段はマーケティングの仕事をしながら、WEBマーケティングの勉強と実験を兼ねて、趣味でブロガーとして活動中。



sponsored link

東三国なび | 人気の記事一覧

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

オンライン不動産屋バナー

オンライン不動産屋バナー